当社が最近実施した研修・講演

今年度も沢山の研修・講演のご要請があり、その数は半年間で約80 回となりました。

それらのいくつかについてテーマ・演題は以下の様ですが、いずれも現場の実務や状況を踏まえた具体的なものであり、ご好評をいただいております。

[実施した研修・講演の例]

  • 「事故・不祥事に管理者としてどう対応するか」(4 月 A 社約80 名)
  • 「 個人情報漏洩防止の視点」(5 月 B社約 70 名)
  • 「 パワハラと部下指導」(6 月 C社約 200 名)
  • 「 ガソリンスタンドの事故防止」(7 月 D 社約 50 人)
  • 「 自動車整備工場構内のリスク評価」(7 月 E 社 30人)
  • 「 企業不祥事はなぜ起こるか-経営構造と人」(8 月 公益法人 F 約 50名)
  • 「災害時SS はどう行動するのか」(9 月~ 12 月 都道府県ガソリンスタンド)
  • 「 笹子トンネル落下事故の教訓」(10 月 G 社約 80名)

[ 当社研修出席者の感想から]

上記の研修・講演の聴講者の97% が「満足」または「大変満足」と回答しています。

  • 今回の内容を自分の周囲に当てはめて留意し発生防止に努めたい。
  • 現実的な事例をもとにしたグループ会社の実例なのでわかりやすかった。
  • パワハラに対しての判断基準が明確になり、どのように対処すればよいのかわかった。
  • ケーススタディーをもとに事例を細かく説明していただきわかりやすかった。
  • パワーポイント、先生の話がわかりやすく大変参考になりました。